COVID-19パンデミックー多項目測定集中治療用アナライザーを利用したCOVID-19 呼吸困難患者管理 –JP/BGA

本ウェビナーの概要 COVID-19の呼吸困難患者の管理には包括的なポイントオブケア検査が必要です。本ウェビナーではBUN、クレアチニン、イオン化マグネシウムを含む多項目での血液ガス/クリティカル検査が、急性呼吸器疾患であるCOVID-19とその併存疾患である敗血症、ストレス性高血糖症、急性腎障害、不整脈の管理に果たす役割について検討します。(約45分) 演者:山本 理 (Masaru Yamamoto,PhD)学術部 部長ノバ・バイオメディカル株式会社 ノバ・バイオメディカルのウェビナーをもっと見る ノバ・バイオメディカルWebページ

細胞製造における培地成分測定の可能性-JP/Bio

細胞製造における培地成分分析の可能性について、大阪大学大学院 教授 紀ノ岡正博 先生に実例とともにご講演いただきました。 本ウェビナーは、第19回日本再生医療学会総会 共催学術セミナーにて発表された内容です。(約60分) (2020年6月公開) 演者:紀ノ岡 正博 先生(KINO-OKA Masahiro)教授:Prof.大阪大学大学院(Osaka Univ) ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

FLEX2とambr15システムの統合―自動サンプリング等のケーススタディ(後編) -JP/Bio

本ウェビナーでは前編に引き続き、MIT(マサチューセッツ工科大学)における本統合システムのケーススタディの目的と結果をご紹介します。(日本語ナレーション)(約15分) 演者:Matt McRaeProduct Line Manager, Biotechnology ProductsNova Biomedical 細胞培養環境関連のウェビナーを配信中です。 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

FLEX2とambr15システムの統合―自動サンプリング等のケーススタディ(前編) -JP/Bio

本ウェビナーでは「BioProfle FLEX2」と「ambr15」(ザルトリウス社)の統合について、システム間の接続方法、通信とサンプルスケジューリングなどを具体的な例を示してご紹介します。(日本語ナレーション) 演者:Matt McRaeProduct Line Manager, Biotechnology ProductsNova Biomedical 細胞培養環境関連のウェビナーを配信中です。 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

BioProfile FLEX2活用webinar~iPS細胞培養における品質管理の指標の検討~ -JP/Bio

本ウェビナーでは「BioProfile FLEX2」でiPS細胞の培養上清成分を経時的に分析した結果の考察、iPS細胞の分化誘導系への応用例などをご紹介します(約30分) (2020年5月公開) 細胞培養環境関連のウェビナーを配信中です。 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

COVID-19 患者のベッドサイドでの血糖管理 アスコルビン酸の影響 – JP/Glu

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の血糖管理で注意しなければならないアスコルビン酸の影響について (2020年5月公開) 講演者 山本 理 (Masaru Yamamoto,PhD)学術部 部長ノバ・バイオメディカル株式会社 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズhttps://www.novabio.us/jp/webinars/ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

細胞培養分析におけるイノベーション―バイオプロファイルFLEX2(日本語ナレーション)-JP/Bio

内容 細胞培養分析におけるイノベーション~BioProfile FLEX2の開発コンセプトおよび機能、また、その拡張性と柔軟性について解説いたします。本装置がもたらす研究、製造現場へのベネフィットをご説明します。(日本語ナレーション)(約30分) (2019年4月公開) 演者:Matt McRaeProduct Line Manager, Biotechnology ProductsNova Biomedical 細胞培養環境関連のウェビナーを配信中です。 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ https://www2.novabio.us/jp-biowebinar ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

ベッドサイドにおけるイオン化マグネシウム測定の有用性-JP/iMg

日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会ランチョンセミナー3(2019年9月20日 開催) 座長:山浦 健 先生(九州大学大学院 医学研究院外科学講座 麻酔・蘇生科分野 教授)演者:加藤 崇央 先生(埼玉医科大学総合医療センター麻酔科) 演者|加藤 崇央 先生(Dr.Takao Kato)麻酔科 助教埼玉医科大学総合医療センター 座長 | 山浦 健 先生 (Dr.Ken Yamaura)教授 (Professor)九州大学大学院医学研究院外科学講座 麻酔・蘇生学分野 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズhttps://www.novabio.us/jp/webinars/ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

急性期における電解質管理の盲点 イオン化マグネシウム測定の重要性-JP/iMg

第66回日本麻酔科学会学術集会 共催セミナー(2019年5月30日 開催) 座長:小山 薫 先生(埼玉医科大学総合医療センター 麻酔科 教授)演者:秋吉 浩三郎 先生(福岡大学 医学部 麻酔科 教授) (本講演は日本麻酔科学会の許諾の元、掲載しております) 演者|秋吉 浩三郎 先生(Dr. Kozaburo AKIYOSHI)教授 (Professor)福岡大学 医学部 麻酔科(Fukuoka Univ. dept. of Anesthesiology) 座長|小山 薫 先生(Dr.Kaoru KOYAMA)教授(Professor)埼玉医科大学総合医療センター 麻酔科(Saitama Medical Univ.dept. of Anesthesiology)

重症患者におけるイオン化マグネシウム(iMg)測定の重要性 – JP/iMg

低マグネシウム血症(低レベルのマグネシウム)は、心血管疾患から呼吸器疾患や敗血症に至るまで、いくつかの臨床症状に関連しています。 これまで、検査室で測定する総マグネシウム(tMg)は低マグネシウム血症の患者を識別するために使用されてきました。 しかし、低マグネシウム血症の患者を正しく識別するために、tMgの生理的に活性な分画であるiMgを使用することの臨床的意義が様々な研究によって示されています。 本ウェビナーでは以下の内容について解説致します。  生物学的プロセスにおけるMgの病態生理学と役割を説明します  体液中のMg画分(総マグネシウム、タンパク質結合体、イオン化体)の分布を説明します   tMgとiMgの違いを説明します  低マグネシウム血症に関連する臨床症状を明らかにします  さまざまな臨床現場でのイオン化マグネシウム測定の臨床的有用性を明らかにします 所要時間: 約35分 / 日本語ナレーション (2019年2月公開) 講演者 Evan Ntrivalas, MD, PhDメディカル&サイエンティフィック・アフェアーズ 北米担当ディレクターNova Biomedical ギリシャのテッサロニキ大学医学部で医学博士号を取得。イリノイ州ノースシカゴのロザリンド・フランクリン医科学大学(RFUMS)で微生物学および免疫学の博士号を取得。 日本語解説 山本 理 (Masaru Yamamoto,PhD)学術部 部長ノバ・バイオメディカル株式会社