Implementation of a Novel Automated Sampling System for High Density Cell Culture Processes

Tuesday, September 20th 11am EST / 4pm BST / 5pm CET Manual bioreactor sampling is the primary cause for cell culture contamination and one of the main cost drivers in terms of man-hours required to execute this repetitive task. In addition, manual sampling increases offline measurement variability due to analysis delay and sample degassing. Several autosampler systems […]

Medium Measurement Techniques Applicable to Cell Culture for Cell Therapy

Our laboratory has previously demonstrated that fluctuations in medium composition in multilayer cultures of epithelial tissues (epidermal and corneal epithelial tissues) with three-dimensional structures can be used to understand the state of the epithelial tissues. In addition, this experience is applied to suspension cultures of iPS cell aggregates for the mass production recently. In this […]

バイオ医薬品の開発と商業化を加速する、ノバの細胞培養分析・自動化イノベーション:最新情報

2022年1月27日15時配信開始 以降はオンデマンドで視聴可能です。所要時間: 30 分 細胞培養分析の自動化、スケールアップに関するノバの最新技術をご紹介いたします。 *本ウェビナーは日本語ナレーションでお届けします。BioPharma week2021ウェブセミナーと同じ内容です Matt McRae(マット マクリー)Product Line Manager, Biotechnology ProductsNova Biomedical

遺伝子改変T細胞療法 Adoptive cell therapy with gene engineered T Cell

2021年10月14日13時配信開始 以降はオンデマンドで視聴可能です。所要時間: 45 分 概要 がん免疫細胞療法開発における日本の第一人者による、待望の先進分野ウェビナーをお届けします。 珠玖先生チームのCAR細胞療法開発3つのこだわり:「厳密な特異的レセプター(pMHC認識)」「オリジナルの活性化コンストラクト(GITRの標的化)」「次世代型細胞調整(自動化調整装置)」にポイントをまとめて、細部にわたる理論的背景、キーとなる使用装置、実測データを交えた丁寧な詳解です。 FLEX2を使用しての代謝系データの解説もあり(20:35~)、導入ご検討の参考事例として最適です。本ウェビナーには、CAR-Tを始めとする血液・免疫細胞の培養における培地分析の採り入れ方、迅速な産業化展開を意識した治験薬製造CPCの工夫などのノウハウが満載。アカデミア、ベンチャー、製薬企業のいずれの方にもお勧めです。 演者 珠玖 洋 先生(Hiroshi SHIKU)教授(Professor)三重大学大学院医学研究科(Mie University Graduate School / Faculty of Medicine)

ambr15細胞培養と細胞培養環境分析装置BioProfile FLEX2の統合がもたらす、豊富なデータによる細胞株スクリーニング(日本語ナレーション)

本ウェビナーの概要 BioProfile® FLEX2 と ambr® 15 の統合 実際のバイオリアクターのデータについての議論 実験のセットアップとトラブルシューティングの概要 BioProfile® FLEX2とambr® 15の細胞培養データを使ったプロセスのスケールアップ プロジェクトのタイムラインをいかに短縮できたか 本ウェビナーは「Data rich cell line screening: Leveraging BioProfile® FLEX2 and ambr® 15 cell culture integration」の日本語ナレーション版です。 演者紹介 ラフル・プラダン氏シニア・サイエンティスト – 細胞株開発担当Kymab社(英国)Rahul Pradhan, Senior Scientist – Cell Culture Development at Kymab プラダン氏は、バイオプロセシングの分野で10年以上の経験を持つシニア・サイエンティスト。現在Kymab社にて、上流の細胞株開発を指揮。Kymab内の様々な細胞株のGMP製造をサポートするために、プロセス開発、最適化、技術移転に関与。経験が深い分野は、培地、フィード栄養開発、バイオリアクターのスケールアップ、スケールダウンモデル化や自動化に及ぶ。

Advancements in Automated Analysis of Micro-bioreactor Cell Culture Parameters

Duration: 1 hour This webinar will describe automated cell culture sampling and analysis using Nova’s BioProfile® FLEX2 analytical system with the External Sampling Module (ESM) and the ambr® 15 cell culture micro-bioreactor system. Incorporating FLEX2’s analytical capabilities can save time and reduce errors by dramatically improving laboratory workflows around ambr systems. The ambr® 15 cell culture […]

FLEX2 On-Line Autosampler: Fully Automated Sampling and Analysis of Key Cell Culture Parameters

Duration: 1 hour, 17 minutes The BioProfile FLEX2 On-Line Autosampler (OLS) is a modular system that connects as many as 10 bioreactors to a FLEX2 analyzer for automated sampling and analysis of key cell culture analytes including pH, gases, metabolites, osmometry, cell density, and cell viability. The OLS’ small sample volume and fast analysis time provide […]

BioProfile FLEX2とオンライン自動サンプリング装置による細胞培養自動化の進歩 -JP/Bio

FLEX2 オンラインオートサンプラー(OLS)をご紹介いたします。本ウェビナーは日本語ナレーションでお届けします。(2020年12月公開)(約40分) 概要BioProfile FLEX2 On-Line Autosampler (OLS)は、10台のバイオリアクターをFLEX2に接続し、pH、ガス、代謝物、浸透圧、細胞密度、細胞生存率などの主要な細胞培養パラメータの自動サンプリングと分析を行います。FLEX2 OLSは少量のサンプル量と高速分析時間で、1.5時間未満で10個のバイオリアクターの自動サンプリングと分析を提供します。FLEX2 OLSはOPC準拠の制御システムに接続して、自動サンプリング、分析、およびフィードバック制御を行うことができます。本ウェビナーでは、FLEX2 OLS がどのようにして細胞培養分析操作を改善できるかをお話いたします。 FLEX2の基本性能をすでにご存知で、OLSの概要のみを知りたい方は、OLSの解説が始まる9分弱からの視聴もお勧めです。OLSの設計思想や、前機種へのユーザーの声へのノバの対応も含んだ、プロフェッショナル向けの内容です。 本ウェビナーは、2020年9月に公開された「FLEX2 On-Line Autosampler: Fully Automated Sampling and Analysis of Key Cell Culture Parameters」の日本語ナレーション版です。 演者:Matt McRaeProduct Line Manager, Biotechnology ProductsNova Biomedical 細胞培養環境関連のウェビナーを配信中です。 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

細胞製造における培地成分測定の可能性-JP/Bio

細胞製造における培地成分分析の可能性について、大阪大学大学院 教授 紀ノ岡正博 先生に実例とともにご講演いただきました。 本ウェビナーは、第19回日本再生医療学会総会 共催学術セミナーにて発表された内容です。(約60分) (2020年6月公開) 演者:紀ノ岡 正博 先生(KINO-OKA Masahiro)教授:Prof.大阪大学大学院(Osaka Univ) ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

FLEX2とambr15システムの統合―自動サンプリング等のケーススタディ(後編) -JP/Bio

本ウェビナーでは前編に引き続き、MIT(マサチューセッツ工科大学)における本統合システムのケーススタディの目的と結果をご紹介します。(日本語ナレーション)(約15分) 演者:Matt McRaeProduct Line Manager, Biotechnology ProductsNova Biomedical 細胞培養環境関連のウェビナーを配信中です。 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com