イオン化マグネシウム最新情報アップデート2021(日本語ナレーション)

日程: 2022年03月28日 (月曜日) 時間: 18:00 (日本標準時) 以降はオンデマンドで視聴可能です 所要時間: 45 分 【概要】 欧州でイオン化マグネシウム研究をリードするキスターズ教授が、2000年頃から最新2020~2021年に至るまでの、血中マグネシウムに関する文献を紹介。そのうち多くが、同教授のチームによる発表論文です。 マグネシウム代謝、関連するイオンチャネル、薬剤による影響、イオン化マグネシウム濃度を見るべき根拠、他電解質への影響、循環器・腎臓障害や糖尿病や骨粗鬆症との関わり、スポーツやストレスとの関連など、ポイントに絞って幅広く紹介されます。 欧州でのイオン化マグネシウムに関する研究にご注目ください。 本ウェビナーは日本語ナレーションでお届けします。 演者 クラウス・キスターズ教授 (Prof. Dr. Klaus Kisters, MD)Head of Medical Clinic I & ESH Excellence CentreSt. Anna Hospital, Herne ドイツ

Hipomagnesemia en Pacientes Críticos

Date: martes, 01 marzoTime: 09:00 Hora de Europa Central, 10:00 Hora de Colombia La hipomagnesemia es un trastorno electrolítico común en pacientes críticos y está asociado con un mayor riesgo de morbilidad y mortalidad. Muchas condiciones clínicas pueden contribuir a la hipomagnesemia a través de diferentes mecanismos patogénicos. En pacientes con lesión renal aguda (AKI), […]

心臓手術患者のイオン化マグネシウム測定で何がわかる?

所要時間: 45 分2021年11月4日17時配信(日本時間) 以降はオンデマンドで視聴可能 概要 心臓外科手術において、心筋保護液の成分にマグネシウム(Mg)が含まれるか・含まれないかによって、血中イオン化マグネシウム(iMg)濃度に違いが発生します。Mgフリーの心筋保護液から、Mgを含むものへと、変更された例において、その変更の前後で、術前と人工心肺後のiMg濃度の推移がどう変わったかデータ比較結果、さらに、実症例として、iMgの補正がTdPの再発予防に有効であった一例を紹介。心臓血管外科手術において、心筋保護液の内容を確認することの重要性、周術期の iMg 測定の有用性が、わかりやすく具体的に示されるウェビナーです。  演者 田中 克哉 先生 (Dr.Katsuya TANAKA)教授 (Professor)徳島大学医学部 麻酔・疼痛治療医学分野 (Tokushima Univ)

Ipomagnesemia nei pazienti critici con Insufficienza Renale Acuta sottoposti a terapia sostitutiva della funzione renale

Data: Giovedì, 28 Ottobre 2021 Orario: 14:00 L’ipomagnesemia è un disturbo elettrolitico comune nei pazienti critici ed è associato ad un aumento della morbilità e del rischio di mortalità. Molte condizioni cliniche possono contribuire all’ipomagnesemia attraverso diversi meccanismi patogenetici. Nei pazienti con danno renale acuto (AKI) la necessità di una terapia sostitutiva renale intermittente continua o prolungata […]

CCVH患者の低マグネシウム血症を識別できるバイオマーカーは、総マグネシウムではなくイオン化マグネシウムである

配信日: 2021年10月8日 (金曜日)  17:00 (日本標準時) 以降はオンデマンドで視聴可能です。 所要時間: 30 分 概要 CVVH(持続的静静脈血液濾過)患者の低マグネシウム血症を識別できるバイオマーカーは、総マグネシウムではなくイオン化マグネシウムである!原題:Ionized and not total magnesium as a discriminating biomarker for hypomagnesemia in CVVH patients  集中治療室の患者の総マグネシウムとイオン化マグネシウムの185例を比較し、クエン酸による抗凝固薬を使用したCVVHを受けた患者の低マグネシウム血症の識別マーカーとなるのは、総マグネシウムではなく、イオン化マグネシウムであることを示したことを紹介します。 欧州の大規模病院の豊富な臨床例で考察された注目のウェビナーを日本語ナレーションでお送りします。 ※本ウェビナーはノバ・バイオメディカル グローバルウェビナーの日本語ナレーション版です。 演者:ウーター T. グローエネステーゲ博士(Wouter Tiel Groenestege, Ph.D.)オランダ ユトレヒト大学 メディカル センター 臨床化学部門 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズhttps://www.novabio.us/jp/webinars/ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

Hypomagnesemia in Critically Ill patients on Kidney Replacement Therapy

Date: Thursday, October 28, 2021 Time: 02:00 PM Eastern Daylight Time Hypomagnesemia is a common electrolyte disorder in critically ill patients and is associated with increased morbidity and mortality risk. Many clinical conditions may contribute to hypomagnesemia through different pathogenetic mechanisms. In patients with acute kidney injury (AKI) the need for continuous or prolonged intermittent kidney replacement […]

Ionisiertes Magnesium – Update 2021

On-demand verfügbar Dauer: 40 Min Die Rolle des ionisierten Magnesiums ist von wachsendem Interesse in der Inneren Medizin, insbesondere bei kardiovaskulären Erkrankungen und bei Patienten mit Diabetes mellitus. Da ionisiertes Magnesium (iMg) die einzige physiologisch aktive Komponente des Serummagnesiums ist, ist das Gesamtserummagnesium (tMg) nicht immer ein genauer Indikator für den Magnesiumstatus eines Patienten. In […]

ここまで考えたいイオン化マグネシウムの臨床使用~症例から学ぶ解釈と補充方法~

加藤先生が実際に臨床で経験された「目標濃度を決め、iMg濃度をモニターしながらのMg補充」が功を奏した複数の症例を紹介。救急やICUで実際にイオン化マグネシウム(iMg)測定を既にご活用いただいている先生方はもちろん、これから始める先生方、iMgを知りたい先生方、必見のウェビナーです。 本セミナーは、配信開始後はオンデマンドでいつでもご視聴いただけます。 演者|加藤 崇央 先生(Takao KATO,M.D.) 埼玉医科大学総合医療センター 麻酔科 助教 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズhttps://www.novabio.us/jp/webinars/ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com

Critical Care Monitoring von COVID-19 Patienten mit Atemnotsyndrom (RDS)

OnDemand Webseminar Dauer: 1h Loggen Sie sich hier ein zu jeder Zeit! COVID-19 Patienten mit Atemnot benötigen ein umfassendes Point-of-Care Test Menü zur Überwachung und Pflege Dieses Webseminar gibt einen Überblick über die Notwendigkeit erweiterter intensivmedizinischer IVD-Parameter im klinischen Alltag. Erfahren Sie mehr über: Faktenüberblick zu COVID-19 Überblick des Managements von COVID-19 Patienten und deren […]