心臓手術患者のイオン化マグネシウム測定で何がわかる?

所要時間: 45 分2021年11月4日17時配信(日本時間) 以降はオンデマンドで視聴可能 概要 心臓外科手術において、心筋保護液の成分にマグネシウム(Mg)が含まれるか・含まれないかによって、血中イオン化マグネシウム(iMg)濃度に違いが発生します。Mgフリーの心筋保護液から、Mgを含むものへと、変更された例において、その変更の前後で、術前と人工心肺後のiMg濃度の推移がどう変わったかデータ比較結果、さらに、実症例として、iMgの補正がTdPの再発予防に有効であった一例を紹介。心臓血管外科手術において、心筋保護液の内容を確認することの重要性、周術期の iMg 測定の有用性が、わかりやすく具体的に示されるウェビナーです。  演者 田中 克哉 先生 (Dr.Katsuya TANAKA)教授 (Professor)徳島大学医学部 麻酔・疼痛治療医学分野 (Tokushima Univ)

Chloride in Heart Failure Syndrome -its pathophysiologic role and therapeutic implication-

Salt, NaCl, is the most abundant mineral in the human body. Up until recently, the understanding of the pathophysiology and diuretic treatment of heart failure has been focused on sodium and water. Chloride, however, despite flanking sodium as its anionic counterpart in salt, has been ignored. Over the last several years, however, chloride has been […]

Plasma Volume Status in Heart Failure: Clinical Implications and Future Directions

Date: Thursday, June 10, 2021 & Thursday, June 24, 2021 Time: 11:00 AM Congestion is one of the main predictors of poor outcome in patients with heart failure (HF). Assessing and monitoring congestion is essential for optimizing HF therapy. Among the various available methods, serial measurements of estimated plasma volume (ePVS) using routine blood count and/or body […]

ベッドサイドにおけるイオン化マグネシウム測定の有用性-JP/iMg

日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会ランチョンセミナー3(2019年9月20日 開催) 座長:山浦 健 先生(九州大学大学院 医学研究院外科学講座 麻酔・蘇生科分野 教授)演者:加藤 崇央 先生(埼玉医科大学総合医療センター麻酔科) 演者|加藤 崇央 先生(Dr.Takao Kato)麻酔科 助教埼玉医科大学総合医療センター 座長 | 山浦 健 先生 (Dr.Ken Yamaura)教授 (Professor)九州大学大学院医学研究院外科学講座 麻酔・蘇生学分野 ノバ・バイオメディカル ウェビナーシリーズhttps://www.novabio.us/jp/webinars/ ノバ・バイオメディカルwww.novabiomedical.com